買取が熱い!

ロレックスは日本人にとっては「時計の王様」といってもよい存在であり、馴染みの深いメーカーです。
そのシンプルかつ重厚なデザインは他の時計メーカーには無い圧倒的な存在感を放っています。
その歴史は100年程度と、高級時計メーカーのなかでは比較的若い部類になりますが、
その短い歴史の間で数数の革新的な技術を生み出してきました。
今なお時計業界の最先端を走っているのです。

そんなロレックスですが、他の高級時計メーカーと比較しても、買取価格が圧倒的に高いのです。
パテック・フィリップス、IWC、オーデマ・ピゲなどの高級時計メーカーは、安いモデルでも200万円以上はしますが、
その再販還元率はおよそ2~3割程度と言われています。
これは人気や知名度が日本国内ではロレックスと比較しても圧倒的に低いからです。

高級時計のねじ巻き時計の場合は、オーバーホールといって、故障の有無にかかわらず定期的に時計を分解してメンテナンスを行う事が推奨されます。
特にブレゲなど超複雑な機構を持つ時計の場合、それに対応できる時計職人が日本にはいないのです。
ロレックスの場合構造は比較的シンプルで、メンテナンスも容易なのです。
そのようなサポート面も買取価格に関係しています。

たとえば買取価格は定番モデルのサブマリーナなら20万円~30万円前後、最高級金無垢のオイスターなら80万円~90万円程度が相場です。

ロレックスを持つと言うことは財産を持つこととも言えます。






What's New

2013/01/08
新着情報3を更新。
2012/10/22
新着情報2を更新。
2012/04/10
新着情報を更新。
2011/8/22
どうする?を更新。
2011/8/22
体験談を更新。
2011/8/22
ロレックス買取市場を更新。
2011/8/22
ホームページリニューアル